あなたと広島がわくわくする
「ひろしま里山ウェーブ」
4期プレイヤー募集中。

観光や移住だけじゃない地域との関わり方を、最先端を走るメンターから学び、現場へ足を運び、プランを考えてみませんか。第4期プレイヤー募集中。申込締切は8月31日です。

わくわくすることが、
広島の里山からはじまっている。

「ひろしま里山ウェーブ」とは広島県の里山に、楽しみながら
「人が集まる波を起こしていこう」という趣旨で、
地域貢献に高い意欲を持つ首都圏のソーシャルな若者と
広島県の中山間地域とのマッチングを図るプロジェクトです。
参加申込はこちらから

「ひろしま里山ウェーブ」とは
広島県の里山に、楽しみながら
「人が集まる波を起こしていこう」
という趣旨で、
地域貢献に高い意欲を持つ
首都圏のソーシャルな若者と
広島県の中山間地域との
マッチングを図るプロジェクトです。

広島の市町村について詳しく知りたい方は以下動画をご覧ください。
https://youtu.be/A6XTPJVkSnc
https://youtu.be/r-_l1sbePtg

6つの市町フィールド

里山ウェーブの3つの特徴

首都圏で仕事をしながら、地域と関われるプログラム。地域の人と一緒に過ごす特別な体験。

里山ウェーブは計7ヶ月間かけて、ゆっくりと地域に関わるプログラムです。主には週末の東京での活動ですが、地域に足を運ぶフィールドワークを2泊3日で行います。プログラムの全行程を通じて地域と向き合うことから、観光で訪れるだけではできない体験、地域の人とのつながりが多くの感動を生んでいます。プログラム中は地域の特色を肌で感じていただけるよう、地域活動人材による地域目線でのアドバイス、地元の方との深いつながりをサポート。地域の人たちも本気です。

最先端の現場を走るメンター(講師)陣から学ぶ
あたらしいコトづくりと実践。

あたらしいコトを起こしながら最先端の現場で走っているメンターがあなたをサポート。東京でのメンターセミナーや、現地実習への同行、あなたのプランや実践を導きます。机上では学べない地域づくりを体感できます。

移住だけじゃない関わり。あなたのプランが現実に!?
あなたを広島の里山が応援します!

個人や市町のチームごとに、東京にいながら地域と関わるプランや地域で実践するプランを作成。プログラムの最後には、市町へ向けたプレゼンテーションを行い、実現化していくための一歩を踏み出します。最後に、本事業の目的は移住者が増えることではなく、広島のファンが1人でも多く増えること。本事業への関心がある方はどなたでもご参加いただけます。

コーディネーターよりご挨拶

尾﨑 香苗(おざき かなえ)氏
地域活性化プロデューサー・観光士


広島生まれ、広島育ち。広島と東京を拠点として、全国の観光振興や特産品開発、シティプロモーションなどのまちづくりに携わっています。実績は観光庁「温泉街の地域連携」、福岡県筑後市観光プロジェクト「恋のくに筑後」、山口県岩国市シティプロモーション「ちかくにいわくに」など。ひろしま里山ウェーブはその名の通り、地域に人の波を起こすプロジェクト。このプロジェクトに関わるだけで首都圏にも地方にも驚くほど仲間が増え、最先端の実践者であるメンターから新しい学びを得ることができます。さらに、広島県にはプレイヤーが考えた地域と関わるプランを実現するサポート体制があります。広島の里山は日本の縮図。ここでこれから起こることが日本の未来につながっていると肌で感じられるはず。ぜひ一緒にチャレンジしていきましょう。

過去の参加者の声

三次生まれ大阪育ち。ずっと、カープと広島と三次の大ファンでした。里山ウェーブがきっかけで、三次と東京のひとをつなぐ『東京エア三次会』を立ち上げました。東京にいながら、広島の面白いかたとたくさん出会えました。1年で100人くらい。三次市長と三次市役所のみなさんの前でプレゼンする機会もいただけました。三次ファンの私には、夢のような体験でした。広島と何かつながりをつくりたいかたに、この波に乗ることをオススメしたいです。

阿部裕司さん

「メンターの方となら面白そうなことできそう!」との直感に従い参加しました。実際に町を訪れた際に農家のおばあちゃんの「この町は、人間が人間らしく生きられるところじゃけん。」との言葉に魅かれました。プログラムに参加してからは団体を設立し、イベントを開催しています。自分目線で挑戦者として継続的に地域とつながりを作りたい共創者に、特に来て欲しいです。

4期里山ウェーブ
学生コーディネーター橋本雄太さん

まさか現地実習先での古民家見学のその場で、みんなで買ってリノベしよう!と意気投合するなんて思ってもみませんでした。元々地方出身の自分が東日本大震災の東京での経験をきっかけに胸の中にずっとあった「地元との繋がりを持ちたい、地方と都市の両面の視点を合せてこそできるコトが起こしたい。」という気持ちで参加申込みしたことで、想像すらしていないことが起き始めたのです。自分ごととして、興味のあるコト・やってみたいコトを実際に形にできる、チャレンジできる、さらにそれをサポート・応援してくれる地元の方々や環境がある、それが里山ウェーブだと思います。

瀧口秀夫さん

「地元栃木と都内をつなぐ活動をやりたい!」という考えをずっと持っており、まずはそのような活動をやっている他県の取り組みに行ってみようという思いから里山ウェーブに参加しました。実際に参加をしてみると、現地の人の温かさや熱意、そしてインターネットで知れる情報以上のさまざまな地方課題を実習から学ぶことができました。いつか地方で仕事がしたい!2拠点活動に興味があるけどなにからしていいかわからない!など、地方との関わりを増やしたい方におすすめです。

手塚将之さん

18歳まで広島県福山市育ち。上京してから初めて気づいた広島の良さ。「東京での様々な経験を活かして、広島で何か面白いことが出来ないか?」そんな思いで単身里山ウェーブに飛び込みました。そこで出会った地域の方々を始め、参加者・スタッフの皆様は刺激的で面白く、想像していた以上にワクワクする出来事がたくさん起きています。このプロジェクトは一過性のものではなく、継続して行っていくものだからこそ本気になれるし、たくさんの出会いもあります。「何かに本気でワクワクしたい」そう思われている方は是非里山ウェーブにご参加ください!

今川紘希さん

24歳の時に思いつきで上京するも、肌に合わず疲弊した毎日を送っていたところ、知人に誘われ里山ウェーブに参加。呉市下蒲刈島へ。北海道に生まれ育ち、山に囲まれた生活が長かったため、島という環境は新鮮で一瞬にして心を奪われました。やる気を失いかけていた人生が180°変わり、2018年4月から下蒲刈島の地域おこし協力隊に着任しました。ストレスフリーな生活に加え、やりたいことができる環境に今までで一番幸せを感じています。人生を足踏みしているだけだと思っているなら、飛び込んでみるのもアリだと思いますよ。

角幡彩さん

プログラムテーマ

今後のスケジュール

知る

7月~8月 東京

ひろしまの里山を知る
説明会

学ぶ

9月 東京

里山の可能性を学ぶ
セミナー

体験する

10月~12月 広島

ひろしまの里山を
体験する現地実習

つながる

12月~3月 東京

ひろしまの里山と
つながるプラン作成

募集要項

趣旨・目的 本事業は、地域貢献に意欲のある東京圏の若者と、広島県の中山間地域において実践活動に取り組もうとしている人材のマッチングや具体的な課題解決を通した繋がりを創ることによって、地域内外の地域活動の担い手の確保と実践活動者の拡大を図るものです。
対象者及び参加条件等
  • 広島県における地域づくり、コミュニティ・ビジネスなどに関心がある若い世代を中心に、広島県内での現地実習(2泊3日)を含む、全講座に参加可能な社会人、大学生の方
  • PC スキル(Word・facebook 等)及びインターネット環境のある方
募集人数 30人程度
(応募締切:平成30年8月31日(金)必着)
※応募多数の場合、お断りする場合があります。
参加費 10,000円(内訳)
  • 講座受講料・プログラム参加費
  • 現地実習時における保険料
  • 消費税
参加費に含まれない費用
(各自でのお支払となります)
  • 現地実習の食費
  • プレイヤーのご自宅から広島県内の集合場所までの往復交通費
    (呉市:呉線呉駅、庄原市:福山駅、東広島市:山陽本線西条駅、江田島市:広島港、大崎上島町:福山駅、神石高原町:福山駅)
    ※集合場所については、変更になる可能性があります。
  • そのほか、上記記載の参加費に含まれる費用以外の経費
お支払方法 参加費のお支払は、お振込または下記メンターセミナー時にご持参ください。
お振込先は、エントリー受付後にご案内いたします。
振込手数料は恐れ入りますが、各自ご負担ください。
【お支払期限】
お支払は、平成30年9月10日(月)までにお振込いただくか、またはメンターセミナー(9月15日(土)、16日(日)、29(土))にご持参ください。

最新情報は
Facebookで更新中

Facebookページへ

里山ウェーブ
募集要項はこちら

募集要項PDFへ

里山ウェーブ
4期プレイヤー募集中です。

参加申込