スナックあぐり

東京イベント「スナックあぐり」を開催!

東京で、三次にゆかりある方と無い方が入り混じって三次のお酒とワインを酌み交わすイベント「スナックあぐり」を開催しています。2015年12月の実験開催から2019年12月までに計19回(広島2回、京都1回含む)。毎回15~20名、4年間で延べ300名以上の方にご参加いただきました。

 

そこから、三次を知らなかった参加者の方が、三次市にふるさと納税をしてくれたり、観光で三次を訪れてくれたり、ということも起こっています。

「里山ウェーブ」で三次市からいただいた課題は「移住者増」でした。当時、チーム三次の4人全員が首都圏在住であったため、東京で実行できるプランを検討。東京で三次市の“エア市民”(関係人口)を増やすための“コミュニティスナック”をプレゼンしました。

 

参加して一番変わったもの。

「里山ウェーブ」に参加して一番変わったのは、広島や三次の方とのつながりの数。もともと広島県内に住んだことがなかったため、カープつながり以外の知り合いはほぼ皆無。それがウェーブ参加から2年後、広島転勤になった頃には、Facebookの“友達”だけでも広島市在住が200名以上、三次市出身が50名以上になっていました。特に広島各地のまちづくりにかかわる方とのつながりが多く、広島での活動に力をいただいています。

プレーヤー紹介

阿部裕司
第1期三次市プレイヤー

東京エア三次会「スナックあぐり」主宰。三次市吉舎町生まれ、大阪育ち。カープファン。「里山ウェーブ」に参加した2015年は東京勤務。2017年4月から念願の広島勤務。

このプランが生まれたプロジェクト

プロジェクト一覧へ