イロリバハウス

呉市音戸との縁。

東京の西荻窪で、2017年に交流を目的に自宅を建て、1階がシェアハウス兼民泊ルームで、2階が我々夫婦の暮らす場所でありながら、イベントカフェとして家開きをしています。世界中から多くのツーリストを泊めることができ、さらにイベントカフェでは、食事会やトークセッションを開催し、年間約400名の方々がやってきました。外国人旅行者に聞くと、瀬戸内海に関心がある人が多く、そのおり、縁があって、呉市の音戸に住む方から里山ウェーブを案内してもらい、2018年秋に参加しました。

 

古民家リノベーションで地域交流拠点づくり!

外国人旅行者は、広島県に原爆ドームや厳島神社には訪ねるものの、日帰りまたは1泊で帰っているのが現状で、呉市にはほとんどが足を運んでいません。そこで、課題として感じたのは、ローカル体験ができる魅力的な宿がないこと。里山ウェーブで知り合った地元のキーパーソンに、古民家が立ち並ぶ一角の空き家を紹介していただき購入。100年近い古民家をリノベーションして、小さい宿と長期間滞在用の部屋、フリースペースとして、いろいろな交流が実現できる場を目指します。

2020年10月にグランドオープン。東京で培ったノウハウで、地域の交流拠点になるような場づくりをしたいと思うようになっています。

プレーヤー紹介

此松武彦
第4期呉市プレイヤー

ライター。インバウンド(訪日観光)やまちづくり、住宅がテーマ。妻・陽子:会社員しながら、夫婦で民泊運営。古民家購入時に会社を設立。

このプランが生まれたプロジェクト

プロジェクト一覧へ